個人再生にデメリットとなることはあるのか?

借金問題を解決する手段として、大幅に借金を減らすことができる個人再生はメリットが大きい手続きですが、個人再生の手続きを行うことでデメリットとなることはあるのでしょうか?借金が大幅に減るというメリットばかりに捉われてしまうと、個人再生後に「こんなハズじゃなかった!」と後悔するハメになってしまうかもしれません。

個人再生のデメリットその①一定期間クレジットカードが作れない

個人再生をするとクレジットカード会社やローン会社が審査の際に照会すると言われている信用情報機関に事故情報が記載される、いわゆるブラックと言われる状態となります。そのためクレジットカードの申し込みをしても審査に通らない、つまりクレジットカードが作れなくなってしまいます。ちなみに、個人再生をする前にすでにクレジットカードを保有している場合、更新のタイミングなどカード会社が事故情報に気が付いた時に解約となってしまう可能性が高いです。これは個人再生のデメリットとしては大きな問題です。

信用情報の事故情報の記載は個人再生をしてからの一定期間で、事故情報の記載が無くなればクレジットカードを作ることは可能です。一定期間がどれぐらいか?は下記の記事を参考にしてください。

個人再生のデメリットその②住宅ローンが組めない

住宅ローンの場合もローン会社や銀行は、融資の際に信用情報機関に照会をするので一定期間は新たに住宅ローンを組むことができなくなることも個人再生のデメリットの一つです。すでに住宅ローンを組んでいる場合は個人再生の住宅資金特別条項を利用した手続きで住宅ローンは支払いながら、住宅を残したまま個人再生の手続きを行うことが可能です。こちらもそれぞれ詳しく記事にしているので下記の記事を参考にしてください。

今すぐ 1万円 必要